• Home
  • Firgelli Articles
  • Arduinoを備えたポテンショメータフィードバックリニアアクチュエータ

Arduinoを備えたポテンショメータフィードバックリニアアクチュエータ

この例では、Arduinoを使用してFirgelliのフィードバックロッドアクチュエータからの信号を読み取り、これをロッドがどれだけ伸びたかの距離測定値に変換する方法を示します。このチュートリアルは、チュートリアルで説明されている原則に基づいています。Arduinoによるモータードライバーの速度制御」、続行する前にそのチュートリアルを確認することをお勧めします。

注:このチュートリアルは、基本的な電子原理、Arduinoハードウェアおよびソフトウェアに関する予備知識を前提としています。 Arduinoを初めて使用する場合は、GoogleおよびYouTubeの検索で利用できる多くの優れた初心者向けチュートリアルの1つから基本を学ぶことをお勧めします。カスタムアプリケーションのテクニカルサポートを提供するためのリソースがなく、これらの公開されているチュートリアル以外でデバッグ、編集、コードまたは配線図を提供しないことに注意してください。

コンポーネント

配線

Arduinoを備えたポテンショメータフィードバックリニアアクチュエータ

位置を読み取るためのハードウェアとソフトウェアの概要

上記のように回路を組み立て、以下のコードをアップロードします。コードの16行目を特定のストローク長に変更する必要があります。現在、6インチのフィードバックロッドアクチュエータ用に設定されています。

このプログラムは、最初にアクチュエータを拡張および完全に収縮して、ポテンショメータからの最小および最大のアナログセンサーの読み取り値を見つけます(コードの27行目および28行目)。これが必要なのは、ポテンショメータの読み取り範囲が[0、1023]であるにもかかわらず、実際には、アクチュエータ内部のギア比によってポテンショメータが限界まで完全に回転できないため、この範囲が狭くなる可能性があるためです。

この最初の校正シーケンスに続いて、アクチュエータは連続的に伸縮し、リニアアクチュエータの現在の延長長さ(インチ単位)を表示するデータのストリームを出力します。

コード

https://gist.github.com/Will-Firgelli/8c78092ca850aa8a50ae36842b97150f

外部ポテンショメータを使用して位置を制御する

上記の例は、フィードバックロッドアクチュエータから読み取り値を取得する方法を示していますが、アクチュエータを特定の位置に移動したい場合、これをどのように行うのですか?次のセクションでは、アクチュエータの目的の設定値位置に対するユーザー入力として外部ポテンショメータを使用することにより、このような状況について説明します。実際には、この例を変更して、必要なフォームからユーザー入力を取得できます。

配線

Arduinoを備えたリニアアクチュエータ

位置制御のためのハードウェアとソフトウェアの概要

配線はこのチュートリアルの最初の部分とほぼ同じですが、外部ポテンショメータがアナログピンA1に接続されているだけです。

以下のプログラムは、外部ポテンショメータを介してユーザーが設定した位置に移動します。コードの18行目で、バッファー変数が設定されています。これは、後で36行目と39行目で使用されます。バッファー変数は、アクチュエーターの移動が停止する目的の設定値位置の周囲の範囲を示します。これは、2つのポテンショメーターに+/- 2単位で変動する傾向。そのため、バッファが含まれていない場合、アクチュエータは設定値の位置の周りで激しく振動します。これが実際に動作していることを確認するには、18行目のバッファーをゼロに設定します(アクチュエーターが損傷を引き起こす可能性があるため、長時間振動させないでください)。

コード

https://gist.github.com/Will-Firgelli/41ec87433f0aaa1abc33e79168076b3b

Share this article

おすすめ商品

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。