TiVoリモート制御リニアアクチュエータ

このプロジェクトは、TIVOリモートコントロールとArduinoボードを活用して線形アクチュエーターを操作してテレビをカバーする絵画を持ち上げる方法を示しています。最後にビデオをご覧ください

必要なツール

このプロジェクトを完了するには、次のツールが必要になります。

  1. #0フィリップスドライバー
  2. はんだごて
  3. 半田
  4. ワイヤーカッター
  5. 小さなプライヤー(私は小さな電子機器を操作するために設計されたプライヤーを使用しました)

パーツリスト

このプロジェクトを完了するには、次の部分が必要です。

  1. ヘビーデューティトラックアクチュエーターから Firgelli 自動化
  2. Tivo Roamioリモートコントロール
  3. Arduino UNO Rev 3
  4. ハモンド1591ESBK ABSプロジェクトボックスブラック(7.5” x 4.3” x 2.2”)
  5. Arduino用のMicrotivity IB171 170ポイントミニブレッドボード
  6. 赤外線レシーバー2.5〜5.5V 38kHz
  7. 100pcsマイケルジョシュ20cm m/fジャンパーワイヤーケーブル1ピンプラグオスからメス
  8. Sainsmart 2チャンネルリレーモジュール
  9. USB 2.0ケーブル - A-MaleからB-Male
  10. 4フィートの18/5ブラックスプリンクラーワイヤ
  11. 8数量#4–40 x 2インチステンレス製の機械ネジ(私はホームデポから購入しました)
  12. 8 Qty Everbuilt#4–40機械ネジナット(Home Depotから購入しました)
  13. 16量½インチナイロンスペーサー(ホームデポから購入しました)
  14. 1回のジップタイ

Arduino Uno Rev 3のセットアップ

黄色で強調表示されているArduinoボードの次のピンを使用します。

  • パワー5V
  • デジタル#8
  • デジタル#9
  • デジタル#11
  • パワーGND
Arduino UNO Rev 3

Sainsmart 2チャンネルリレーモジュールのセットアップ

と一致するためには、Sainsmartリレーモジュールをジャンパーする必要があります Firgelli 自動化線形アクチュエータ。 JD-VCCからVCCまでの青いジャンパーがあります。これをそのままにしておきます。

ジャンパーK1位置1からK2位置1

K1リレーの最初の位置からジャンパーワイヤをK2リレーの最初の位置に置きます。ジャンパーは赤で表示されます。

ジャンパーの位置

ジャンパーK1位置3からK2位置3

K1リレーの3番目の位置からジャンパーワイヤをK2リレーの3番目の位置に配置します。ジャンパーは黄色で表示されます。

ジャンパー付きワイヤー

適切にジャンプしたら、次の構成が表示されます。

赤外線センサーのセットアップ

赤外線センサーのセットアップ

赤外線センサーには3つのワイヤがあります。 1つは接地ワイヤー用で、1つは5V電源ワイヤー用で、3つ目はArduinoボードに信号を送信します。

18〜5個のスプリンクラーワイヤに2インチの外側シールドを取り戻し、内部の色のワイヤーを露出させます。緑、白、青のワイヤーのみを使用するので、他のワイヤーを切り落とすので、それらを台無しにする必要はありません。

使用する各ワイヤーの断熱材を除去します。これらは、次の構成を使用してリレーにはんだ付けされます。上からセンサーを見ると、丸い隆起が向いています。

  1. 青いワイヤーを左端子にはんだ付けします。
  2. 緑色のワイヤーを中央の端子にはんだ付けします。
  3. 白いワイヤーを右端子にはんだ付けします。
赤外線センサー
赤外線センサー

線形アクチュエーターのワイヤーハーネスをセットアップします

線形アクチュエータには、2つの三角形のボタンを備えた有線リモートコントロールが付属しています。 1つのボタンは、線形アクチュエーターを上に移動するスイッチをアクティブにし、もう1つはそれを下に移動します。

回路基板リモートコントロール本体を取り外します

最初のことは、リモートコントロールの背面にあるワイヤを外すことです。これらは、#0フィリップスドライバーで削除する必要があります。

リモートコントロール本体から回路基板を取り外し、ワイヤーを調べます。下からそれを見ると、ボードにはんだ付けされた4つのワイヤーが必要です。以下に示すように、左から右に黒、白、紫、茶色です。

回路基板

何らかの理由で異なる色を使用した場合は、以下と同じ順序で色を追跡するだけです。

ワイヤーが売られていません

はんだ鉄を使用して、回路基板からワイヤを取り外します。はんだ鉄の先端をはんだポイントの既存のはんだにそっと押して、それを緩め、小さなペアのペアを使用してはんだポイントからワイヤーをそっと引き出します。

リレーにワイヤを取り付けます

次に、有線リモートコントロールからワイヤーをSainsmart 2チャンネルリレーに取り付けます。 #0フィリップスドライバーを使用して端子を外し、締めて締めてワイヤーを固定します。

  1. 白いワイヤーはK1位置1に入ります
  2. 黒いワイヤーはK1位置2に入ります
  3. 茶色のワイヤーはK2位置2に入ります
  4. 紫色のワイヤーはK2位置3に入ります

注:既存のジャンパーワイヤを取り外さないでください。端子をねじ込んだときは、それらを残します。

ジャンパーワイヤ
端子接続

完了したら、上記の画像のように見えるはずです。

ブレッドボードを配線します

次に、Arduinoボードをブレッドボードに配線します。ブレッドボードにより、Arduinoまたはリレーの1つの端子に複数の接続が行われているジャンパー接続が可能になります。

穴の各列が一緒に接続されているため、その列のすべてをジャンパーにすることができます。これが私たちが配線する必要があるアイテムを紹介します。

5Vパワー

  1. ArduinoのPower 5V端子からブレッドボードの未使用の列まで、男性と女性のジャンパーワイヤーを使用します。列の穴に押し込みます。
  2. ブレッドボードの同じ列からSainsmart 2チャネルリレーのVCC端末まで男性と女性のジャンパーワイヤーを使用します。同じ列の穴に押し込みます。
  3. 18〜5スプリンクラーワイヤの反対側から白いワイヤーの¼インチを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

地面

  1. ArduinoのPower GNDターミナルからブレッドボードの未使用の列まで男性と女性のジャンパーワイヤーを使用します。列の穴に押し込みます。
  2. 他のGNDワイヤと同じ列の穴にSainsmart 2チャンネルリレーのGNDターミナルから男性と女性のジャンパーワイヤーを使用します。同じ列の穴に押し込みます。
  3. 18〜5スプリンクラーワイヤの反対側から緑のワイヤの¼インチを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

シグナリング

  1. Arduinoのデジタル#11ターミナルからブレッドボードの未使用の列まで、男性と女性のジャンパーワイヤーを使用します。列の穴に押し込みます。
  2. 18〜5スプリンクラーワイヤの反対側から青いワイヤーの¼インチを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

完了したら、ブレッドボードは次の画像のように見えるはずです。

ブレッドボード

 

Arduinoにコントロールプログラムをインストールします

ダウンロードしてインストールする必要があります Arduino ide。 IDEをダウンロードしてインストールしたら、IDEを開きます。

Arduino ide

コードをコピーしてIDEに貼り付けます

ソースコードをダウンロードまたはコピーします github そして、それをIDEのウィンドウに貼り付けます。

Irremote.cppファイル

Irremote.cppファイルを調整します

c:\プログラムファイル(x86)\ arduino \ briberries \ robotirremote \ src \ディレクトリにファイルがあります。 Notepadのような単純なテキストエディターでIrremotetools.cppファイルを開き、次の行を変更します。

5行目は次のように見えます。

int recv_pin = tkd2; // IRレシーバーが接続されているピン

次のように変更して、ファイルを保存します。

int recv_pin = 11; // IRレシーバーが接続されているピン

USBケーブルを使用して、Arduinoをコンピューターに接続します

Arduino、ブレッドボード、リレーボードを、木製デスクなどの非導電性表面に置きます。

USBケーブルの長方形側をコンピューターに接続し、「D」側をArduinoボードに接続します。

ポートを選択します

ツール - ポートメニュー項目を選択し、Arduinoボードを表示するものを選択します。

コードをアップロードします

スケッチを選択します - メニュー項目をアップロードして、コードをArduinoにアップロードします。

コードをテストします

コードがアップロードされたら、からのワイヤーハーネスをプラグ Firgelli 自動化線形アクチュエーターはアクチュエーターに戻り、アクチュエータを接続します。

ArduinoボードをUSBケーブルを介してコンピューターに接続しておきます。

Tivoリモコンを赤外線センサーに向け、緑色の親指の「いいね」ボタンをクリックします。アクチュエータは上に移動する必要があります。

赤外線センサーでTIVOリモートコントロールをポイントし、赤い親指の「嫌悪」ボタンをクリックします。アクチュエータは下に移動する必要があります。

すべてを箱に入れます

ハモンドプロジェクトボックスを使用して、ネジ、スペーサー、機械ネジナットを使用して、回路基板を収容しました。はんだ鉄のポイントチップを使用して、黒いプラスチックの箱に穴を開け、側面を通るワイヤーのためのスペースを作りました。私はジップタイを使用して、赤外線センサーのワイヤーを引き出さないようにしました。のコントロールワイヤ Firgelli 自動化線形アクチュエータ それらが引き出されないように設計されたゴムを用意して、私はそれを活用することができました。

著者について

Richard Bagdonasは、販売ポイント、電子健康記録、顧客関係管理、倉庫管理システムとの統合経験を15年以上統合したデータ統合の専門家です。リチャードは子供の頃から電子機器をいじくり回してきました。これは彼の最初のArduinoプロジェクトです。

リチャードは現在、MI7の主要なヘルスケアアーキテクトであり、同社の電子健康記録システムとの統合を監督しています。

Share This Article
Tags:

Need Help Finding the Right Actuator?

We precision engineer and manufacture our products so you get direct manufacturers pricing. We offer same day shipping and knowledgeable customer support. Try using our Actuator Calculator to get help picking the right actuator for your application.