TiVoリモート制御リニアアクチュエータ

このプロジェクトでは、TiVoリモコンとArduinoボードを活用して、リニアアクチュエータを操作し、テレビを覆う絵を持ち上げる方法を紹介します。最後にビデオを見る

必要な工具

このプロジェクトを完了するには、次のツールが必要になります。

  1. #0プラスドライバー
  2. はんだごて
  3. 半田
  4. ワイヤーカッター
  5. 小さなペンチ(私は小さな電子機器で作業するために設計されたペンチを使用しました)

パーツリスト

このプロジェクトを完了するには、次の部分が必要です。

  1. FirgelliAutomationsのヘビーデューティトラックアクチュエータ
  2. TiVoRoamioリモコン
  3. Arduino Uno Rev 3
  4. ハモンド1591ESBKABSプロジェクトボックスブラック(7.5 "x 4.3" x 2.2 ")
  5. Microtivity IB171Arduino用170ポイントミニブレッドボード
  6. 赤外線レシーバー2.5–5.5V 38kHz
  7. 100PCS Michael Josh 20CM M / Fジャンパー線ケーブル1ピンプラグオス-メス
  8. SainSmart2チャンネルリレーモジュール
  9. USB 2.0ケーブル—A-オスからB-オス
  10. 4フィートの18/5ブラックスプリンクラーワイヤー
  11. 8個の#4–40 x 2インチステンレス小ネジ(Home Depotから購入しました)
  12. 8個のEverbuilt#4–40小ネジナット(Home Depotから購入しました)
  13. 16個の½インチナイロンスペーサー(Home Depotから購入しました)
  14. 1個のジップタイ

Arduino Uno Rev3のセットアップ

黄色で強調表示されているArduinoボードの次のピンを使用します。

  • パワー5V
  • デジタル#8
  • デジタル#9
  • デジタル#11
  • 電源GND
Arduino UNO Rev 3

SainSmart2チャンネルリレーモジュールのセットアップ

Firgelli Automationsリニアアクチュエータと一致させるには、SainSmartリレーモジュールをジャンパーする必要があります。 JD-VCCからVCCへの青いジャンパーがあります。これはそのままにしておきます。

ジャンパーK1位置1からK2位置1

K1リレーの最初の位置からK2リレーの最初の位置にジャンパー線を配置します。ジャンパーは赤で表示されます。

ジャンパー位置

ジャンパーK1位置3からK2位置3

K1リレーの3番目の位置からK2リレーの3番目の位置にジャンパー線を配置します。ジャンパーは黄色で表示されます。

ジャンパー線

適切にジャンプすると、次の構成が表示されます。

赤外線センサーのセットアップ

赤外線センサーのセットアップ

赤外線センサーには3本のワイヤーがあります。 1つはアース線用、1つは5V電源線用、3つ目は信号をArduinoボードに送信します。

18–5スプリンクラーワイヤーの外側シールドを2インチ剥がして、内側の色付きワイヤーを露出させます。緑、白、青のワイヤーのみを使用するので、他のワイヤーを切断して、それらをいじる必要がないようにします。

使用する各ワイヤの絶縁体を1/8インチ剥がします。これらは、次の構成を使用してリレーにはんだ付けされます。丸いバンプを手前に向けてセンサーを上から見た場合:

  1. 青い線を左側の端子にはんだ付けします。
  2. 緑のワイヤーを中央の端子にはんだ付けします。
  3. 白い線を右側の端子にはんだ付けします。
赤外線センサー
赤外線センサー

リニアアクチュエーターのワイヤーハーネスのセットアップ

リニアアクチュエータには、2つの三角形のボタンが付いた有線リモコンが付属しています。 1つのボタンは、リニアアクチュエータを上に移動するスイッチをアクティブにし、もう1つのボタンはそれを下に移動します。

回路基板のリモコン本体を取り外します

まず、リモコンの背面にあるワイヤーを緩めます。これらは、#0プラスドライバーで取り外す必要があります。

リモコン本体から回路基板を取り外し、配線を調べます。下から見ると、4本のワイヤーがボードにはんだ付けされているはずです。以下に示すように、左から右に、黒、白、紫、茶色です。

回路基板

何らかの理由で異なる色を使用した場合は、以下と同じ順序で色を追跡してください。

ワイヤーのはんだを外します

はんだごてを使用して、回路基板からワイヤを取り外します。はんだごての先端をはんだ付けポイントの既存のはんだにそっと押し付けて緩め、小さなペンチを使用してワイヤーをはんだ付けポイントからそっと引き抜きます。

ワイヤーをリレーに接続します

次に、有線リモコンからSainSmart2チャンネルリレーにワイヤーを接続します。 #0プラスドライバーを使用して端子のネジを外し、締め直してワイヤを固定します。

  1. 白いワイヤーはK1位置1になります
  2. 黒いワイヤーはK1位置2になります
  3. 茶色のワイヤーはK2位置2になります
  4. 紫色のワイヤーはK2位置3になります

注:既存のジャンパー線は取り外さないでください。端子をねじ込むときはそのままにしておきます。

ジャンパー線
端子接続

完了すると、上記の画像のようになります。

ブレッドボードの配線

次に、Arduinoボードをブレッドボードに配線します。ブレッドボードを使用すると、Arduinoまたはリレーの1つの端子に複数の接続が行われているジャンパー接続が可能になります。

穴の各列は互いに接続されているため、その列のすべてをジャンパーできます。配線する必要のあるアイテムは次のとおりです。

5V電源

  1. ArduinoのPower5V端子からブレッドボードの未使用の列へのオス-メスジャンパー線を使用します。列の穴に押し込みます。
  2. ブレッドボードの同じ列からSainSmart2チャンネルリレーのVCC端子までオス-メスジャンパー線を使用します。同じ列の穴に押し込みます。
  3. 18–5スプリンクラーワイヤーの反対側から1/4インチの白いワイヤーを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

接地

  1. Arduinoの電源GND端子からブレッドボードの未使用の列へのオス-メスジャンパー線を使用します。列の穴に押し込みます。
  2. SainSmart 2チャンネルリレーのGND端子から他のGNDワイヤーと同じ列の穴まで、オス-メスジャンパーワイヤーを使用します。同じ列の穴に押し込みます。
  3. 18–5スプリンクラーワイヤーの反対側から緑色のワイヤーの¼インチを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

シグナリング

  1. Arduinoのデジタル#11端子からブレッドボードの未使用の列へのオス-メスジャンパー線を使用します。列の穴に押し込みます。
  2. 18–5スプリンクラーワイヤーの反対側から青いワイヤーの¼インチを露出させます。同じ列の穴に押し込みます。

完了すると、ブレッドボードは次の画像のようになります。

ブレッドボード

 

Arduinoに制御プログラムをインストールします

ダウンロードしてインストールする必要があります Arduino IDE。 IDEをダウンロードしてインストールしたら、IDEを開きます。

Arduino IDE

コードをコピーしてIDEに貼り付けます

からソースコードをダウンロードまたはコピーします GitHub 完了すると次のようになるはずのIDEのウィンドウに貼り付けます。

IRremote.cppファイル

IRremote.cppファイルを調整します

C:\ Program Files(x86)\ Arduino \ libraries \ RobotIRremote \ src \ディレクトリに、GitHubソースコードのコンパイルを妨げるソースコードの問題があるファイルがあります。メモ帳などの単純なテキストエディタでIRremoteTools.cppファイルを開き、次の行を変更します。

5行目は次のようになります。

int RECV_PIN = TKD2; // IRレシーバーが接続されているピン

以下のように変更してファイルを保存してください。

int RECV_PIN = 11; // IRレシーバーが接続されているピン

USBケーブルを使用してarduinoをコンピューターに接続します

Arduino、ブレッドボード、リレーボードを木製の机などの非導電性の表面に置きます。

USBケーブルの長方形側をコンピューターに接続し、「D」側をArduinoボードに接続します。

ポートを選択します

ツール—ポートメニュー項目を選択し、Arduinoボードを表示するものを選択します。

コードをアップロードする

[スケッチ—アップロード]メニュー項目を選択して、コードをArduinoにアップロードします。

コードをテストする

コードがアップロードされたら、Firgelli Automationsリニアアクチュエーターからのワイヤーハーネスをアクチュエーターに接続し直し、アクチュエーターを接続します。

ArduinoボードをUSBケーブルでコンピューターに接続したままにします。

TiVoリモコンを赤外線センサーに向け、緑色の親指の「いいね」ボタンをクリックします。アクチュエータが上昇するはずです。

TiVoリモコンを赤外線センサーに向け、赤い親指の「嫌い」ボタンをクリックします。アクチュエータが下に移動するはずです。

それをすべて箱に入れなさい

ハモンドプロジェクトボックスを小ネジ、スペーサー、小ネジナットと一緒に使用して、回路基板を収納しました。はんだごての先端を使って、黒いプラスチックの箱に穴を開け、側面にワイヤーを入れるスペースを作りました。赤外線センサーのワイヤーが抜けないように結束バンドを使用しました。の制御線 FirgelliAutomationsリニアアクチュエータ ゴムが抜けないように設計されているので、活用することができました。

著者について

Richard Bagdonasは、POS、電子健康記録、顧客関係管理、および倉庫管理システムとの統合に15年以上の経験を持つデータ統合の専門家です。リチャードは子供の頃から電子機器をいじくり回しており、これが彼の最初のArduinoプロジェクトです。

リチャードは現在、MI7のチーフヘルスケアアーキテクトであり、同社の電子健康記録システムとの統合を監督しています。

Tags:

Share this article

注目のコレクション

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。