4チャンネルリモートコントロールシステム-4CH-RC

4チャンネルリモートコントロールシステム-4CH-RC

USD
Model #
Quantity
qty limit cart limit
リニアアクチュエータでリモコンを使用する方法

説明

このワイヤレスRFシステムは、2チャネルのリモートコントロールシステムと同じように機能しますが、汎用性が向上し、2つのチャネルが追加されているため、幅広いアプリケーションをサポートできます。

Firgelli Automationsのクライアントは、2つのアクチュエータを同じリモートから実行する必要があるアプリケーションに遭遇することがあります。4チャネルのリモートコントロールシステムは、そのような設計のソリューションです。 4つのボタンが人間工学的に各キーフォブリモコンに配置されており、アクチュエータごとに2つあります。アクチュエータ制御で利用できるオプションの数の結果として、私たちのフレンドリーで経験豊富なスタッフがあなたの決定を支援する準備ができています。オンライン注文の前にサポートを提供できます。今すぐフリーダイヤルでお電話ください。

操作手順と簡単な事実は、あなたの便宜のために「仕様」タブにあります。

仕様
  • 無線周波数310Mhz
  • 2または4チャネル
  • プログラム可能なリモコン
  • 各リモートには4つのボタンがあり、アクチュエータごとに2つのボタンがあります
  • 2つのモード-持続(ラッチング)、または瞬間的
  • 12VDC入力が必要(含まれていません)
  • リモートシステムを保護するために、各チャネルで10AMPヒューズを使用する必要があります
  • アクチュエータを4チャンネルリモートコントロールシステムに簡単に配線できます
  • チャネルあたり10アンペアの定格
  • 範囲:フルバッテリーパワーで約40〜70メートル

持続モードからラッチモードに変更するには:

リモートシステムはサステインモードでプログラムされています。これは、指がボタンを押している間、アクチュエータが動くことを意味します。ラッチングモードでは、ボタンを1回押すだけで、アクチュエータが最後まで移動します。

変更するには、レシーバーのケースを開いて、2つのピンを接続しているジャンパーを取り外して1つのピンだけに配置します。次に、リモートレシーバーの電源を切り、もう一度電源を入れます。これにより、システムがリセットされます。

より多くのリモコンのプログラミング:

回路基板のボタンを押したままにするリモコンをさらにプログラムするには、最初にケースを開く必要があります。赤いLEDが点滅するまで、ボタンを数秒間押し続けます。次に、プログラムする各リモートの任意のボタンを一度に1つずつ押します。したがって、リモートが4つある場合は、すでにプログラムされている場合でも、すべてのリモートをプログラムする必要があり、上の4つのボタンのいずれかを押すだけです。各リモート。次に、受信機の電源を切り、再度接続します。これで、すべてのリモートがレシーバーで動作するはずです

技術図面

 

Customer Product Reviews

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。