• Home
  • Firgelli Articles
  • リニアアクチュエータでFA-SC1スピードコントローラを使用する

リニアアクチュエータでFA-SC1スピードコントローラを使用する

FA-SC1スピードコントローラーは、Firgelli12Vリニアアクチュエーターの速度を変更するための高速で効率的な方法です。速度コントローラは、4ポジションDIPスイッチまたは外部電圧入力のいずれかによって設定できます。

 

回路基板の概要

上の図に示すように、ネジ留め式端子1と2はアクチュエータに接続し、ネジ留め式端子3と4は電源に接続し、ネジ留め式端子AとBはオプションの外部電圧信号に接続します。ジャンパーピン2は、速度がDIPスイッチまたは外部電圧信号によって制御されているかどうかをボードに通知し、ジャンパーピン1は、この外部電圧が5Vまたは12Vであるかどうかをボードに通知します(赤丸で囲んだ表を参照)。

一般的な警告:

  • しない 外部制御電圧の極性を逆にします。極性を逆にすると、ユニットが恒久的に損傷します。
  • FA-SC1は、1つのリニアアクチュエータの速度を制御することを目的としています。 2つのアクチュエータを同じFA-SC1に接続しないでください。ユニットの最大電流容量は10Aです。スピードコントローラに接続された2つの小さなアクチュエータでさえ、10Aを超える起動サージ電流を引き込み、ユニットを損傷する可能性があります。

DIPスイッチ設定を使用して速度を制御する

手動DIPスイッチを使用して速度を設定するには、最初に上の図に示すように接続します。次に、下の表に示すように、DIPスイッチを16の異なる速度のいずれかに設定することにより、アクチュエータの速度を設定できます。実験して理想的な速度を見つけてください。

(ほぼ)2つ以上のリニアアクチュエータの同期制御

内部フィードバックのないリニアアクチュエータが2つ以上あるにもかかわらず、それらを互いに同期させて移動させたい場合があります。オプティカルまたはブレットシリーズのアクチュエータを使用することを常にお勧めしますが、 FA-SYNC-2またはFA-SYNC-4コントロールボード、フィードバックなしでアクチュエータを購入している可能性があります。

そのため、ほぼ同じ速度で移動するには、次の図に示すように1つの速度コントローラーを各アクチュエーターに接続し、ほぼ同じ速度で移動するまで手動で調整します。この方法では完全な同期制御はできませんのでご注意ください。

 

ポテンショメータを使用して速度を制御する

この制御盤では、ディップスイッチを使用する代わりに、外部電圧に応じて速度を変えることができます。ポテンショメータを使用することにより、可変分圧器を作成できます。下図のように接続し、ジャンパーピン2を取り外します。5Vの外部電圧を使用している場合は、ジャンパーピン1を取り外します。外部電圧が12Vの場合は、ジャンパーピン1を接続したままにします。これが完了したら、ポテンショメータを回転させることでアクチュエータの速度を変えることができます。

マイクロコントローラ/ PLCを使用して速度を制御する

リニアアクチュエータの速度を変更するための最後のオプションは、PLCまたはArduinoなどのマイクロコントローラによって提供される外部電圧を使用することです。下の図に示す接続を行います。ジャンパーピン2を取り外し、外部電圧として5Vを使用している場合(Arduinoなどから)、ジャンパーピン1も取り外します。それ以外の場合、12Vの外部電圧を使用している場合は、ジャンパーピン1を接続したままにします。

Share this article

おすすめ商品

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。