リニアアクチュエータでのロッカースイッチの使用

この例では、DPDTロッカースイッチをFirgelliリニアアクチュエーターと12V電源に配線します。

コンポーネント

注意: ロッカースイッチを選択するときは、アプリケーションに適したタイプを選択するようにしてください。

配線

下図のように接続してください。スペードコネクタを使用してスイッチに接続するか、直接はんだ付けします。短絡を防ぐために、常に熱収縮チューブまたは電気テープで絶縁してください。スイッチを一方向に切り替えるとアクチュエータが伸び、他の方向に切り替えるとアクチュエータが収縮します。

.

複数のアクチュエータの移動

同じスイッチで複数のアクチュエータを動かしたい場合があります。これを実現するには、2番目のFirgelliリニアアクチュエータのワイヤを上の図のポイント「A」と「B」に接続します。上記で推奨されている電源の定格は5Aのみであるため、そこから1つのアクチュエータを実行するだけで安全であることに注意してください。複数のアクチュエータを駆動する場合は、代わりに 12V30A電源.

重要: 2つのリニアアクチュエータが同じ電源に配線されているからです ではない それらが互いに同期して実行されることを意味します。これにはいくつかの理由があり、アクチュエータがすべて互いに同じ速度で動くようにするためのいくつかの方法があります。このトピックに関する専用チュートリアルを参照してください。

Share this article

注目のコレクション

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。