FCB -1- FIRGELLI コントロールボックス1運用マニュアル

FCB-1運用マニュアル

FCB-1運用マニュアル

これはの取扱説明書です FIRGELLI FCB-1 LCDスクリーンコントロールボックス。このコントロールボックスは最大4つを制御できます 線形アクチュエーター ホールや光学センサーフィードバックアクチュエーターなど、フィードバックが組み込まれています。コントロールボックスは、1、2、3、または4つの線形アクチュエーターを制御し、同時に実行するようにそれらを一緒に同期させることができます。

始める前に

を確保します コントロールボックスの側面に浸るスイッチが正しく設定されています 使用するアクチュエーターの数。最大4つのアクチュエーター用の3つのディップスイッチがあります。上にあるのはオフです。 1-4アクチュエータを実行するためのスイッチ位置は次のとおりです。

  • 1つのアクチュエータの場合 - すべてのディップスイッチが下(オフ)
  • 2つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1オン(UP)、2&3ダウン(オフ)
  • 3つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1と2 ON(UP)、3つのダウン(オフ)
  • 4つのアクチュエーターの場合 - すべてのディップスイッチがオン(アップ)

 

FCB-1運用マニュアル

FCB-1機能

  1. 1〜4のアクチュエータを実行します 同期モード。これは、あるアクチュエータが別のアクチュエータよりもわずかに遅い場合、この制御ボードが同時に一緒に走ることを強制することを意味します。さらに、この機能は、1つのアクチュエーターに他のアクチュエータに作用する重量または力が増えているアプリケーションがある場合に役立ちます。また、他のより速いアクチュエーターにスローダウンして一緒に実行させます。これは、ドアを持ち上げる、机などのアプリケーションに最適です。コントロールボックスの側面にディップスイッチを設定し始める前に、最初に正しい数のアクチュエーターに設定してください。ディップスイッチが最初から正しくない場合、コントロールボックスは正しく実行されません。
  2. 速度を調整します 拡張ストロークと逆ストロークの両方のアクチュエーターの。拡張のために異なる速度を設定し、撤回するために異なる速度を設定できます
  3. 制限位置を調整します アクチュエーターの - これにより、アクチュエータの組み込み制限スイッチから独立して開始位置と停止位置を設定できます。 6インチのストロークアクチュエーターを使用しているが、5.1インチのストロークしか必要ないとし、アクチュエータを完全に格納された位置から0.5インチから開始することを望みます。このコントローラーは、正確な開始と停止ポイントを設定できます。
  4. 3ワイヤまたは4ワイヤのフィードバック信号で動作します - ホールセンサーまたは光学センサーフィードバックアクチュエーター。
  5. すべてのアクチュエーターをコントローラーから直接制御します、外部スイッチは必要ありません。
  6. 外部スイッチ制御オプション、 必要に応じて、外部スイッチで使用することもできます。
  7. LCDタッチスクリーン 簡単なインターフェイスと操作のため。

タイマー制御オプション

  1. 時刻コントローラーオプション - アクチュエータを設定して、特定の時間または曜日に開閉します。
  2. 最大5つの異なるプログラム時間を設定します - アクチュエータを24時間で5回まで開閉/閉じます。さまざまな日に異なる日と異なる時間に設定することもできます。
  3. インターバルモード - アクチュエータを設定して、一定の時間を経て開閉します。したがって、フラップを10分間開いてから1時間閉じて、そのサイクルを継続的に繰り返したいとしましょう。このモードを使用すると、インターバルを毎日実行して、設定して出発するだけです。

 

 セットアップガイド

  1. ディップスイッチを設定します 制御の側で、あなたが実行することを意図している多くのアクチュエーターへ。これが行われない場合、コントローラーは機能しません。最大4つのアクチュエーター用の3つのディップスイッチがあります。上にあるのはオフです。 1〜4のアクチュエータを実行するためのスイッチ位置は次のとおりです。 4つのアクチュエーターを実行するための4つのディップスイッチしかないことを心配しないでください。
  • 1つのアクチュエータの場合 - すべてのディップスイッチが下(オフ)
  • 2つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1オン(UP)、2&3ダウン(オフ)
  • 3つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1と2 ON(UP)、3つのダウン(オフ)
  • 4つのアクチュエーターの場合 - すべてのディップスイッチがオン(アップ)

 

  1. 電源をコントロールボックスに配線します。コントローラーには、取り外し可能なすべてのグリーンブロックがインストールされています。ワイヤーを各ブロックに接続するためのより良いアクセスを得るために、それらを引き離します。

 アクチュエータコントロールボードオペレーティングマニュアルセットアップガイド

アクチュエータコントロールボードオペレーティングマニュアルセットアップガイド

アクチュエータフィードバック配線

 

  1. 上記の配線図を使用して、電源、スイッチ、アクチュエーターを正しく配線するのに役立ちます。

 

  1. 示されているようにアクチュエーターを配線します。コントロールボックスから緑色のブロックを取り外し、各アクチュエータにブロックを配線します。アクチュエーターは、同じ接続に対して異なるワイヤー色を持っている場合があります。たとえば、一部のアクチュエーターのモーターワイヤは赤/黒ですが、他のアクチュエータは青/茶色です。

 

  • 6つの穴がある緑色のブロックは、アクチュエーター用です。左の2つの穴は、アクチュエーターのモーター用です。アクチュエーターの配線図には、+/-またはM +/M-の両方として書かれたラベルがあります。

 

  • フィードバックワイヤ - コントロールボックスには、コントロールボックスが位置信号が表示されるために少なくとも3つのワイヤが必要です。各アクチュエータには、各ワイヤーのラベルがあります。 5VはVCCとも呼ばれます。 GNDは地面です。 H1はセンサー出力です。一部のアクチュエーターには、ホール1とホール2またはOPT 1とOPT 2と呼ばれる2つの出力ワイヤがあります。

 

  1. コントローラーへのパワーは、最初のアクチュエーターM1の左側の小さな緑色のブロックを介して行われます。コントローラーは12-24VDC入力を受け取ります。24VDC入力を使用している場合、アクチュエータは同じ24VDC電源によって搭載されることを覚えておいてください。

 

  • 緑色のブロックとワイヤーを左側に +ワイヤを取り外し、緑色のブロックの右側に-veを削除します。システムでロッカースイッチを使用する場合は、 +VEワイヤが進むこの緑色のブロックの2番目のワイヤーを接続することもできます。この追加 +VE 12-24VDC電源は、ロッカースイッチに配線されます。

 

注記: ロッカースイッチを配線する必要はありません。 LCD画面からアクチュエータを制御できますが、一部のアプリケーションでは、手動スイッチオプションが必要になる場合があります。これについては、上の配線図に従ってください。

 

  1. アクチュエータが配線され、電源が接続されると、コントロールボックスがオンになり、 FIRGELLI ロード画面のロゴ。

 

注記: LCD画面のボタンを押すのに問題がある場合は、ペンの端、鉛筆の消しゴム端、または同様のサイズのアイテムを使用して、ボタンを正確にタップすることができます。

 

  1. を押します システムセット 日時を設定するボタン。ここでは、その迷惑になった場合はブザーをオフにし、画面のバックライトを調整することもできます。

 

  • 注記: 時間は24時間形式で設定する必要があります。

 

  1. を押します アクチュエータセット ボタンを押してから押します cal (キャリブレーション)ボタン。アクチュエーターはすべてサイクル全体を実行し、再びキャリブレーションし、2つ以上を使用している場合は同期します。
    • アクチュエータが正しく配線されていない場合、これはあなたが見つける部分です。キャリブレーションが成功した場合、コントローラーはサイクルの終了時に数回クリックし、緑色の光が点滅します。
    • 注記: ディップスイッチを正しく設定しなかった場合、キャリブレーションプロセスは引き続き実行でき、緑色の光を与えますが、アクチュエーターを実行するときは実行されません。それが発生した場合は、実行しているアクチュエーターの数のためにディップスイッチを正しい設定に調整してから、キャリブレーションプロセスを再度実行します。

 

  1. キャリブレーションが完了したら、押します アクチュエータセット その後
    • コントローラーは、アクチュエータのストローク長が何であるかを知る必要があります。アクチュエータのラベルを読み、正しい値を入力してください。したがって、キーパッド0600に6インチのストロークが入ると、画面が読み取られます 00インチ。 その後、ヒットします 保存 ボタン。

 

  • 注記: ストロークは6インチである場合でも、6インチ前に0を入力する必要があります。これは、システムが合計で4桁を許可し、ゼロを入力する必要があるためです。

 

  1. アクチュエータセット - 速度と制限設定。また、 アクチュエータセット メニューは、速度を調整し(速度を個別に拡張および撤回)、格納された位置と拡張位置の両方の制限を移動できます。
    • 制限位置設定の場合、を押します 制限 次に、ボタンを前後にスライドさせて調整します。下の矢印は格納された位置を指し、上部の矢印は拡張位置を指します。 彼らはお互いを交差させるべきではありません。

 

タイマー操作

インターバルモード: このモードは、設定された時間頻度でアクチュエータを開閉したいアプリケーションに最適です。例:特定の間隔でアクチュエータを繰り返し拡張して撤回したいと思うので、これは選択する設定です。

 アクチュエータコントロールボードオペレーティングマニュアルセットアップガイド

  1. プレス タイマー操作 Time Setメニューを入力するには、選択します インターバルモード.

 

  • 入力するように求められます 「延長されるまで遅延」 時間。フォーマットは次のとおりです。時間:分:秒、それぞれ2桁が必要です。 02:00:00、2分は00:02:00になると2時間が入力されます。プレス 保存.  
  • 入力するように求められます 「撤回するまで遅延」 アクチュエータが撤回される前に通過する時間の長さを入力します。プレス 保存.

 

注記:これらの時間にはアクチュエータの実行時間や延長時間遅延が含まれていないことを覚えておくことが重要です。撤回時間へのカウントダウンは、アクチュエータが延長された後にのみ開始され、アクチュエーターが撤回された位置に戻って戻った場合にのみ、時間を延長するカウントダウンが開始されます。

  • 画面を保存した後、下の画面に戻ります。
アクチュエータコントロールボードオペレーティングマニュアルセットアップガイド
    1. を押します EN/無効モード 以下に示すように次の画面に移動するボタンは、設定した間のインターバルプログラムを有効にして開始します。
    アクチュエータコントロールボードオペレーティングマニュアルセットアップガイド
     
    • この場合、有効にするモードを選択します。 間隔、そしてそれは黄色で強調表示されます。
      1. を押します 戻る ボタン 2回 下の画面に到達すると、プログラムが実行され始めます。

       

       

      注記: 画面の上部に、それは言います 「間隔1」、これは、プログラムが有効になって実行されることを意味します。

       

      タイムモード: このモードは、設定した特定の時間に特定の日にアクチュエータを拡張および撤回するために使用されます。例:アクチュエータを午前10時に延長し、毎月、火曜日、木曜日、土曜日の午後4時に格納したいが、水と金曜日には午前11時に延長され、午後7時に撤回し、太陽には格納されません。まったく実行すると、これは選択するモードです。

       

        • 注記: 最大5つのタイマーをプログラムできます。
          1. プレス タイマー操作 Time Setメニューを入力するには、選択します タイムモード、 それから タイマー1。

           

          • 入力するように求められます 「延長時間セット」。時間は24時間のクロック形式で設定する必要があり、最初の数字が不要な場合は、最初にゼロボタンを入力する必要があります。したがって、午前9時の開始時間は09:00:00として入力され、午後1時の開始時間は13:00:00に入力されます。プレス
          • 保存後、入力するように求められます 「撤回時間セット」。 24時間形式を使用して再び撤回時間を入力します。プレス 保存.
          • 「アクティブデイを選択」 表示され、時間設定を申請する日を選択します。アクティブな日は黄色で強調表示されます。プレス

           

          1. 別のタイマーを設定するには、別のタイマーオプションを選択します (タイマー2、タイマー3、タイマー、4、またはタイマー5) 上記の手順を繰り返します。

           

          1. 実行したいタイマーを保存したら、 戻る タイムセットメニューに戻るボタン。

           

          1. を押します EN/無効モード [有効にするタイマーを選択するボタン。

           

          • 選択されたタイマーは黄色で強調表示されます。

           

          1. 使用するタイマーを選択したら、 を押します 戻る ボタン 2回 プログラムの実行を開始します。

           注記: 画面の上部では、すべての有効なモードが表示されます。複数のタイマーモードが実行されている場合、ディスプレイが表示されます 「タイマー1+2+3」….etc」 

          1. 実行中のプログラムを停止するには:を押します タイマー操作 ボタンを押します EN/無効モード.
            • 無効にするタイマー番号を押すだけです。
            • 黄色で強調表示されているものはアクティブであり、強調されていないものは非アクティブです。

           

          注記: タイマーが有効になっている場合は、トグルスイッチ(インストールされている場合)または画面上のスイッチを使用して、それをオーバーライドできます。 手動操作 アクチュエータを移動するボタン。アクチュエータを手動で移動すると、タイムモードプログラムが解除されないことを忘れないでください。また、スイッチまたは手動操作機能を介してアクチュエータを移動している場合でも、これらのプログラムを実行しようとします。 このため、アクチュエーターまたはアプリケーションで作業するときに、タイマーや間隔モードを無効にすることが常に最適です。

            

          トラブルシューティングガイド

           間違った方向に走るアクチュエータ: モーターワイヤが間違った方法で配線されている場合があるため、背中は本当に赤く、赤は青である可能性があります。アクチュエータが反対方向に動作する場合、緑色のブロックで2つのモーターワイヤの上に切り替えてこれを修正します。

          1つのアクチュエータが調整された後に移動しません。 1つ以上のワイヤが緑のコネクタで適切に接続されていない可能性があります。緑色のブロックの各フィードバックワイヤを外し、各ワイヤーを個別に確認します。また、ボックスの左側にあるディップスイッチが、正しい数のアクチュエーターが使用されていることを表していることを確認します。これはとても重要です。

          すべてのアクチュエーターは正常に調整されましたが、システムを実行すると赤く点滅します。 これは、コントロールボックスの左側のディップスイッチが使用されている正しい数のアクチュエーターに設定されていないために発生する可能性があります。これが再びそれらを正しく設定するためのガイドです:

           

            • 1つのアクチュエータの場合 - すべてのディップスイッチが下(オフ)
            • 2つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1オン(UP)、2&3ダウン(オフ)
            • 3つのアクチュエーターの場合-DIPスイッチ1と2 ON(UP)、3つのダウン(オフ)
            • 4つのアクチュエーターの場合 - すべてのディップスイッチがオン(アップ)

            まだ問題があり、ワイヤーが緑色のコネクタブロックで正しく接触していることも確認している場合は、すべてのアクチュエーターを抜いて、1つのアクチュエータ(問題があるもの)のみをプラグインして、キャリブレーションと実行を試みることをお勧めします。ただ一つのアクチュエーターだけです。ただし、ディップスイッチを1つのアクチュエーターのみを実行する(すべてのディップスイッチをダウン/オフ位置に設定する)ため、コントロールボックスが1つのアクチュエーターのみを実行するように設定することを忘れないでください。

             

            Share This Article
            Tags:

            Need Help Finding the Right Actuator?

            We precision engineer and manufacture our products so you get direct manufacturers pricing. We offer same day shipping and knowledgeable customer support. Try using our Actuator Calculator to get help picking the right actuator for your application.