ロッカースイッチを使用したリニアアクチュエータの制御

この例では、DPDT(Double Pole Double Throw)ロッカースイッチをFirgelliClassicリニアアクチュエーターとFirgelli12VDCバッテリーからの12V電源に配線します。

コンポーネント

注意: ロッカースイッチを選択するときは、アプリケーションに適したタイプを選択するようにしてください。持続とは、スイッチを押したときに、手動でスイッチを反対方向に押すか、中央のオフ位置に戻すまで、ボタンがその位置に留まるということです。モーメンタリとは、離すとスイッチが中央の位置に戻ることを意味します。どちらの場合も、アクチュエータの内部リミットスイッチがどちらの方向にも停止するため、アクチュエータを過度に駆動することを心配する必要はありません。

配線

下図のように接続してください。スペードコネクタを使用してスイッチに接続するか、直接はんだ付けします。短絡を防ぐために、常に熱収縮チューブまたは電気テープで絶縁してください。スイッチを一方向に切り替えるとアクチュエータが伸び、他の方向に切り替えるとアクチュエータが収縮します。

.

複数のアクチュエータの移動

同じスイッチで複数のアクチュエータを動かしたい場合があります。これを実現するには、2番目のFirgelliリニアアクチュエータのワイヤを上の図のポイント「A」と「B」に接続します。上記で推奨されている電源の定格は5Aのみであるため、そこから1つのアクチュエータを実行するだけで安全であることに注意してください。複数のアクチュエータを駆動する場合は、代わりに 12V30A電源.

重要: 2つのリニアアクチュエータが同じ電源に配線されているからです ではない それらが互いに同期して実行されることを意味します。これにはいくつかの理由があり、アクチュエータがすべて互いに同じ速度で動くようにするためのいくつかの方法があります。このトピックに関する専用チュートリアルを参照してください。

Share This Article

Need Help Finding the Right Actuator?

We precision engineer and manufacture our products so you get direct manufacturers pricing. We offer same day shipping and knowledgeable customer support. Try using our Actuator Calculator to get help picking the right actuator for your application.