4チャンネルリモコンを使用して2つのリニアアクチュエータを制御する方法

Firgelliaを使用して2つのリニアアクチュエータをリモートで制御する方法を示します。 4チャンネルリモコンキット。これらのリモコンはRF(無線周波数)であるため、見通し線は不要であり、各アクチュエータを互いに完全に独立して操作できます。

瞬間的なものから持続的なものへの変化

リモートシステムはモーメンタリモードでプログラムされています。これは、指がボタンを押している間、アクチュエータが動くことを意味します。サステインモードでは、ボタンを1回押すだけで、アクチュエータは最後まで移動し、アクチュエータが内部リミットスイッチに到達してからシャットオフすると停止します。

動作モードをモーメンタリからサステインに変更するには、レシーバーのケースを開いて、2つのピンを接続しているジャンパーを取り外して1つのピンに配置するだけです。次に、リモコンの電源を切る必要があります。受信機に電源を入れてから再度電源を入れると、システムがリセットされます。

より多くのリモコンのプログラミング

回路基板のボタンを押したままにするリモコンをさらにプログラムするには、最初にケースを開く必要があります。赤いLEDが点滅するまで、ボタンを数秒間押し続けます。次に、プログラムする各リモートの任意のボタンを一度に1つずつ押します。したがって、リモートが4つある場合は、すでにプログラムされている場合でも、すべてのリモートをプログラムする必要があり、上の4つのボタンのいずれかを押すだけです。各リモート。次に、受信機の電源を切り、再度接続します。これで、すべてのリモートがレシーバーで動作するはずです

5アンペアの負荷を超えています

リモートコントロールボードの定格電流は、チャネルあたり最大5アンペアであるため、PremiumシリーズやClassicシリーズを含むほとんどの標準リニアアクチュエータと互換性があります。ただし、次のような高力アクチュエータの一部は 産業用ヘビーデューティアクチュエータ 20アンペアの電流引き込みの定格です。このようなアクチュエータをこの制御ボードに接続すると、ボードが不可逆的に損傷します。代わりに、4を使用することをお勧めします SPDT20アンペアリレー (およびオプションで2つ ワイヤハーネス)リモートコントロールボードをアクチュエータから分離します。下の図に示すように回路を配線します。

オプションで、各リレーを流れる電流が20アンペアを超えない限り、追加のアクチュエータを下の図の「A」および「B」とラベル付けされたポイントに接続することもできます。

Share this article

注目のコレクション

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。