2チャンネルリモートコントロールシステム

2チャンネルリモートコントロールシステム

USD
Model #
Quantity
qty limit cart limit

送料見積もり

Note: You must have items in your cart already before you can see the estimated costs to ship your cart. This shipping tool will estimate the total shipping cost for your entire basket.

リニアアクチュエータでリモコンを使用する方法

説明

これらの2チャンネルリモートコントロールシステムはRF(無線周波数)で動作するため、見通し線は必要ありません。これらはモーメンタリモードからサステインモードに変更でき、最大10Aの電流引き込みで任意のアクチュエータまたはモーターを実行できます。

すべてのFirgelliAutomationsアクチュエータと互換性があるように作られた、2チャンネルリモートコントロールシステムは、幅広いアプリケーションに正確な制御と柔軟性を提供します。

2チャンネルのリモートシステムはすべて、モーメンタリとサステインの2つの異なるモーションコントロールモードを備えています。モーメンタリモードでは、リモコンのボタンを押している間だけアクチュエータが動き、正確さと十分な柔軟性を備えた制御を実現します。ただし、モードが持続に切り替えられている場合は、リモコンの方向ボタンを1回押すと、アクチュエータがストロークの最後に押した方向に移動します。

すべてのアクチュエータに内部リミットスイッチが統合されているため、ストロークの終わりに達したときにそれ以上のアクションは必要ありません。ある種の制御メカニズムがなければ、自動化されたシステムは完成しません。FirgelliAutomationsでは、アプリケーションに最適なソリューションをできるだけ簡単に選択できるように努めています。フリーダイヤルに電話して、フレンドリーで経験豊富なカスタマーサービス担当者にご相談ください。

仕様
  • モデル#2CH-REM
  • 無線周波数422.92Mhz
  • 2ちゃんねる
  • 各リモートには2つのボタンがあります(アクチュエーターの上下)
  • スタンバイ電流8.2mA
  • 最大動作電流10A
  • 2つのモード-持続(ラッチング)、または瞬間的
  • 12VDC入力が必要(含まれていません)
  • リモートシステムを保護するには、10AMPヒューズを使用する必要があります
  • アクチュエータをリモートコントロールシステムに簡単に配線できます
  • 最大10アンペアの定格
  • 動作範囲-40-80度C

送信機

  • 電圧:6 V(CR2016バッテリー)
  • 動作電流(伝送モード):より低い8.6 mA
  • 寸法:61mm x 30mm x 12mm
  • 温度範囲-10〜 + 60 C度
  • 無線周波数:433.92 MHz
  • リモート範囲:フルバッテリーパワーで約40〜70メートル
  • 感度。 -10dBm
オペレーティングビデオ

プログラミング

モーメンタリモードからサステインモードに変更するには:

リモートシステムはモーメンタリモードでプログラムされています。これは、指がボタンを押している間、アクチュエータが動くことを意味します。サステインモードでは、ボタンを1回押すだけで、アクチュエータが最後まで動きます。

これを変更するには、ケースの前面を見るだけで、黒いジャンパーブロックが表示されます。2つのピンを接続しているジャンパーを取り外し、1つのピンに配置してから、電源を切る必要があります。リモートレシーバーの電源を入れ直すと、システムがリセットされます。

より多くのリモコンのプログラミング:

回路基板のボタンを押したままにするリモコンをさらにプログラムするには、最初にケースを開く必要があります。赤いLEDが点滅するまで、ボタンを数秒間押し続けます。次に、プログラムする各リモートの任意のボタンを一度に1つずつ押します。したがって、リモートが4つある場合は、すでにプログラムされている場合でも、すべてのリモートをプログラムする必要があり、それぞれのボタンのいずれかを押すだけです。リモート。次に、受信機の電源を切り、再度接続します。これで、すべてのリモートがレシーバーで動作するはずです。

Customer Product Reviews