ArduinoでFA-SYNC-X同期制御ボードを利用する

FA-SYNC-X同期制御ボード

Firgelli Automation FA-SYNC-2およびFA-SYNC-4同期制御ボードを使用すると、それぞれ最大2つおよび4つのリニアアクチュエータを制御し、負荷に関係なく、ステップで同じ速度で移動することができます。これにより、非同期の動きが負荷またはアクチュエータのいずれかの曲げや損傷につながる可能性があるため、設計も保護されます。これは、トラップドア、RVルーフリフト、およびトノカバーと同じ負荷を移動するために複数のアクチュエータが使用されるアプリケーションで重要です。これらのボードには、内部フィードバックを備えたリニアアクチュエータが必要であり、すべてのリニアアクチュエータは、同じストローク長と力で同じタイプである必要があります。異なるリニアアクチュエータを使用しても機能せず、ボードは同期動作を保証できなくなります。互換性のあるリニアアクチュエータと互換性のないリニアアクチュエータのリストについては、 FA-SYNC-X製品ページ.

 

ArduinoでFA-SYNC-Xボードを利用する理由

両方を活用する Arduino また、FA-SYNC-Xボードを使用すると、両方のボードのメリットを享受できます。 Arduinoを使用すると、を使用する場合と比較して、はるかに優れた自動化を実装できます。 スイッチ FA-SYNC-Xボードを使用します。 Arduinoを使用して独自の同期コントローラーを開発することもできますが、FA-SYNC-Xボードを利用すると、Arduinoのコードの複雑さが大幅に軽減され、リニアアクチュエーターが同時に動くようになります。これらのボードを一緒に利用することは、センサーからの入力に基づいて、または最大の太陽光を達成するためにソーラーパネルを配置するなど、内部タイマーに基づいて移動する複数のリニアアクチュエータが必要なアプリケーションに最適です。

ソーラーパネル

セットアップとキャリブレーション

の設定 FA-SYNC-Xボード Arduinoによって制御されることは、他のアプリケーションと同様の方法で行われるため、 ユーザーマニュアル これらのボードが適切にそうするために。リニアアクチュエータのFA-SYNC-Xボードへの接続は、2つまたは4つの6ピン端子台を使用して行われ、電源、アース、センサー電源、センサーアース、センサー出力1、およびセンサー出力2のワイヤーを接続します。端子台の対応する端子へのリニアアクチュエータ。同様に、12Vまたは24Vの電源電圧を、6ピン端子台の左側にある2ピン端子台の電源に接続して、FA-SYNC-Xボードに電力を供給します。の正と負のリード線を接続していることを確認する必要があります 電源 裏返すとFA-SYNC-Xボードに永久的な損傷を与えるため、適切な入力端子に接続してください。 FA-SYNC-Xボードを調整するには、以下の説明と同じ手順に従います。 ユーザーマニュアル これらのボードの。

 

FA-SYNC-Xボードを接続してキャリブレーションしたら、Arduinoボードとインターフェースできます。左端の2ピン端子台である制御端子台を使用してFA-SYNC-Xボードを制御しますが、スイッチまたはリモコンを使用してリニアアクチュエータの方向を制御する代わりに、Arduinoを使用します。 1つの問題は、ArduinoがFA-SYNC-Xボードの内部リレーを制御するのに十分な高さの入力電圧を供給しないことですが、 外部リレー この問題を克服するために。いつのように Arduinoでリニアアクチュエータを制御する、2つのSPDTリレーを使用してFA-SYNC-Xボードを制御できます。各リレーのCOMピンを制御端子台のピンの1つに接続し、各リレーのノーマルオープン(NO)ピンを電源のプラスに接続し、各リレーのノーマルクローズ(NC)ピンを接続する必要があります。供給のマイナスに。以下に示すように、Arduinoのデジタルピンを使用してこれらの外部リレーの両方を制御します。この場合、電源を入れる必要もあります リレーボード Arduinoも使用します。

 Arduinoに接続されたFA-SYNC-2

ArduinoでFA-SYNC-Xボードを制御する

ArduinoとFA-SYNC-Xボードを接続し、FA-SYNC-Xボードをリニアアクチュエータに接続してキャリブレーションすると、Arduinoへの入力を利用してそれらを制御できるようになります。 Arduinoがセンサーからの入力を読み取るためのコードは、アプリケーションで使用するセンサーによって異なりますが、FA-SYNC-Xボードを制御するためのコードも同様です。 FA-SYNC-Xボードを制御するためのコードは、Arduinoでリニアアクチュエータを制御するために使用されるコードと非常によく似ています。リニアアクチュエータを延長するには、FA-SYNC-Xボードの制御端子台のピンAを正の電圧に接続し、ピンBをグランドに接続する必要があります。 Arduinoでこれを行うには、リレーの入力をグランドに接続して(上記で使用したリレーボードはアクティブローであるため)、下部リレーをオンにするだけで、ピンAが正の電圧に接続されます。セットアップに従って通電されていない場合、各リレーはアースに接続されているため、ピンBはすでにアースに接続されています。リニアアクチュエータを引っ込めるには、同じ手順に従いますが、ピンBの場合です。リレーの制御ピンをグランドに接続することにより、ピンBを正の電圧に接続する上部リレーをオンにします。リニアアクチュエータを停止するには、すべてのコイルの電源を切るだけで、ピンAとBがアースに接続されます。以下のコードサンプルは、上記のようにリニアアクチュエータを延長、収縮、および停止するために使用するコードを示しています。コードは、使用するセンサーとアプリケーションによって異なるため、リニアアクチュエータを停止および移動するタイミングを制御するために使用される入力センサーまたはタイマーを実装する方法を示していません。

欠点

ArduinoでFA-SYNC-Xボードを利用する最大の欠点は、Arduino自体がリニアアクチュエータの正確な位置を認識しないことです。 FA-SYNC-Xボードに送信されるフィードバックはArduinoと共有されないため、アクチュエータがどこにあるかを正確に知る方法はありません。これにより、フィードバックに基づいてリニアアクチュエータを配置できないため、リニアアクチュエータに対する自動化と制御のレベルが制限される可能性がありますが、リニアアクチュエータを完全に伸縮させるだけの場合は、これは問題になりません。これを克服する最も簡単な解決策は、アクチュエータが1ミリ秒あたりに移動する距離を推定し、Arduinoのmillis()内部タイマーを使用して、アクチュエータが実行されている合計時間に基づいて位置を推定することですが、これでは正確なポジショニングは得られません。 。正確な位置が必要な場合は、次のような外部フィードバック要素をデザインに追加することで、この問題を克服できます。外部線形ポテンショメータ、Arduinoにフィードバックを提供します。

 線形ポテンショメータ

概要

使用することにはいくつかの欠点がありますが FA-SYNC-XボードArduino、それらはあなたのデザインの問題ではないかもしれません。これらのボードを一緒に使用すると、負荷に関係なく、より高いレベルの自動化で複数のリニアアクチュエータの同時移動を保証できます。これらのボードを互いに組み合わせて使用​​することは、複数のリニアアクチュエータを使用して単一の負荷を移動する必要があり、タイマーまたはセンサー入力に基づいて移動を自動化する必要があるアプリケーションに最適です。

Tags:

Share this article

注目のコレクション

適切なアクチュエータを見つける手助けが必要ですか?

当社は、直接メーカーの価格設定を得るために、当社の製品を精密に設計し、製造します。同日の出荷と知識豊富なカスタマーサポートを提供しています。アクチュエータ電卓を使用して、アプリケーションに適したアクチュエータを選ぶ手助けをしてください。